にきび跡はレーザーでスッキリ│スベスベ肌は治療で得られる

女性

その人にあった治療を

鏡を見るウーマン

薬だけでは治りにくい

にきびは一過性のものだからと甘く考えていると、悪化してにきび跡が残る場合があります。中にはクレーターのように皮膚が陥没する場合もあり、こうなると治療にも時間がかかります。にきびで一人悩むよりも病院で治療を受けたほうが安全で確実です。大阪で病院でにきび治療を受ける場合、一般皮膚科と美容皮膚科、にきび治療専門の病院などがあります。どれが一番いいとは一概には言えませんが、一般皮膚科は外用薬や内服薬などの薬物療法が主となります。保険適用ができます。しかし保険適用できる範囲の薬は抗生物質など数が限られるため、一時的にはよくなりますが根本治療とはいきません。にきび治療には、毛穴に溜まった皮脂を取り除く必要があります。

ピーリングで毛穴の掃除

大阪の美容皮膚科やにきび治療専門の病院では、保険適用の診療と自由診療を組み合わせているところが多いようです。にきび治療に効果のあるレーザー療法やケミカルピーリングは自由診療扱いになります。大阪の病院では、レーザーでアクネ菌を殺菌しケミカルピーリングで毛穴の汚れを取り除く方法をセットにしたものが人気があるようです。にきびは人それぞれに、発生する原因が違います。その原因を突き止めた上で、上記の療法のほかにビタミン点滴を行ったり、ホルモン療法を行います。にきび治療にかかる期間ですが、3カ月から6カ月ぐらいかけて根本から治すようです。治療を始めることに不安がある方でも無料のカウンセリングがあるので安心です。治療方法や費用について説明されます。初回限定のお試しプランを用意している病院も大阪にはあります。1万円前後の値段で試すことができます。